結婚で保険見直し

Pocket

結婚をした時男性の多くは家族を守るための保障を考えますが、実は主婦に万が一の事が起きた時も大変な事が多いのです。国の保障は寡婦の保護を中心に考えられていますから、専業主婦を失った父子家庭の保障はさすがに薄いのです。家族形態が多様化しており共働き家庭が普通になってきている時代ですから、収入保障保険と同時に女性保険の検討も考えておいた方が賢明です。

少なくとも子どもが一人でもいる家庭は必需品です。たとえば家事を切り盛りしていた専業主婦が突然大病を患って入院もしくは死亡したケースで、父親に家計や学資金または家事まで含めて責任がのしかかってくる状況に陥った時の医療費や、生活資金まで保障してくれる保険があれば安心です。結婚を機に保険見直しをされる保険のほとんどは、こうした不測の事態に備えて貯蓄をしていくものです。

共働きのケースで夫婦共にまだ健全なうちは、収入保障保険の必要性を感じないかもしれませんが、将来のための貯蓄あるいは葬式費用という意味でも利用価値はあります。収入保障保険は一家の大黒柱を突然亡くしたケースでの当座生活資金をカバーし、遺族年金の不備を補うものです。死亡保障も通常ありますから満期日を迎えて保険金を受け取れるようになるまでの生活保障となりますし、定期タイプ・終身タイプ・養老タイプとがあり、最も保険料支払額が小さいのは定期型であり、子どもが自立するまでの間という条件での保障です。終身は保険料が若干高めですが解約返戻金を得られるのは魅力ですし更新もありません。養老型はほとんど貯蓄と一緒と考えて正解です。